個人事業主のための会計知識

事業の成績は会計データにあらわれる!

個人事業主は会計ソフトで会計をしっかり管理すべし!

人気記事

個人事業主のみなさんへ個人事業主として働くなら、どんな事業であっても会計知識は必須です。個人事業主のための会計知識をわかりやすく紹介します。当サイトへのお問い合わせはこちらからどうぞ!

会計を管理する心構え

個人事業主として働くなら、会計の知識を身につけましょう。個人事業を営む上で、確定申告は避けることができない義務です。そのために会計ソフトなどを使い、売上や経費などを入力して決算書を作成しなけければなりませんが、そうしてできた会計データから読み取れるのは過去の成績だけではありません。今ある資産を今後どう投資すればよいのかをジャッジするためのヒントにもなるのです。個人事業主にとって会計を管理する上で必要となる心構えを紹介します。

事業と私生活を区別

事業と私生活を区別

個人事業主として働く場合には、私生活のお金と事業用のお金をしっかりと分ける必要があります。しっかりと分けておくことで、会計管理などがきちんとできますし、確定申告の際にも安心できるのです。まず、口座などは分けるようにして、できれば財布なども分けるようにしましょう。領収書類などもしっかりとそれぞれ管理しておくことが必要となります。分けにくい電気代などは、専用のメーターを付けたりするなどの工夫が必要となります。続きはこちらから..

損益を把握しよう

損益を把握しよう

個人事業主の方で、毎年のように会計の管理や損益の計算に追われているという方も少なくありません。しかし、損益を把握しておくことで、さまざまなメリットがあります。まず自分の業務の状況が把握することができるということから、お金の出費を減らしたり、また節税をすることが出来たりしますし、新たな目標を設定することなども可能です。損益の把握は難しそうなイメージがありますが、最近では、簡易化されており、ソフトなどを利用して簡単に行うことができます。続きはこちらから..

会計ソフトを選ぶポイント

会計ソフトを選ぶポイント

個人事業主の方で、確定申告を行っている方は多いと思いますが、その場合、会計ソフトが大変便利です。財務初心者の方でも、会計ソフトを使うことで、簡単に確定申告や帳簿付けが可能です。会計ソフトの選び方ですが、会計に関する知識、また導入のコストや、導入の目的などで、選ぶということが大切です。また、人気となっているおすすめの会計ソフトは利用している人の満足度も高く、財務初心者でも非常に利用しやすいので、おすすめです。続きはこちらから..

topics