個人事業主のための会計知識

事業の成績は会計データにあらわれる!

個人事業主の会計管理は事業と私生活をきちんと区別しよう

人気記事

個人事業主のみなさんへ個人事業主として働くなら、どんな事業であっても会計知識は必須です。個人事業主のための会計知識をわかりやすく紹介します。当サイトへのお問い合わせはこちらからどうぞ!

会計を管理する心構え

独立したての人が覚えるべき基礎

事業と私生活を区別

事業と私生活を区別

LINEで送る
Pocket

個人事業主として働く

個人事業主として働いている人は、今の時代少なくありません。しかし、個人事業主の場合、自分自身で会計管理などもしっかりと行わなければならないのです。個人事業主の経理というと、簿記などが必要であり、帳簿の記帳などが必要であるというイメージがあると思います。個人事業主は、実際に、自分の事業の状態を把握したりするためにも、帳簿を付けるということは必要となります。
しかし、その前に必要なことがあります。それは、事業と私生活のお金を区別するということです。個人事業主の場合、とにかく、私生活と事業のお金を混同しがちです。自宅に居ながら仕事ができるので、このあたりが「ごっちゃ」になってしまうケースが多いのです。これらを一緒にしてしまうと、何にお金を使ったのかということが分からなくなります。また帳簿を付けるときに混乱してしまいます。このため、これらはしっかりと分けることが必要なのです。

私生活と事業の分け方

そこで、帳簿を付ける際に、お金が「ごっちゃ」にならないように分けるポイントをご紹介します。まず、通帳(口座)などを個人用と事業用に分けるということが必要です。事業上必要になる仕入代金、また消耗品などといった引き落としなどは事業用の通帳にしましょう。銀行によっては、屋号を口座名にすることもできます。生活費に使うお金などは、別の通帳を作成するようにして、きっちり分けるようにしましょう。そうすることにより、お金の使い道が明確となります。そして、帳簿付けが簡単になります。
また、財布も個人用と事業用に分けるようにしましょう。これはできていない人も多いですが、財布を分けることで、儲けを把握することができ、支出なども明確になるというメリットがあります。財布の中身が不足したら、それぞれの通帳から引き出すようにしましょう。また、領収書をしっかりと分けるようにしましょう。たとえば、事業用に支出するときなどは、領収書を分けて発行してもらうようにします。現金による支払いの場合は、領収書がないこともありますので、レシートをもらうようにしましょう。

気になる家賃、電気代は?

事業用と生活用のお金を分ける際に気になるのが、家賃、電気代、電話代などです。まず家賃についてですが、事業主の生活スペース、また店舗が一緒という場合などは、賃貸である場合、それぞれの面積で分けるようにしていきます。事業主の親族が所有している場合には、固定資産の減価償却費、また固定資産税などを面積比で按分するようにします。すると、必要経費として計上することができるのです。
また、電気・ガス・水道代などを分ける際には、専用のメーターを付けることができます。そうするとたやすく区別できます。電話代やPCなどのインターネット回線も、専用のものなどを設置しましょう。

topics