個人事業主のための会計知識

事業の成績は会計データにあらわれる!

個人事業主が会計ソフトを選ぶポイントとは

人気記事

個人事業主のみなさんへ個人事業主として働くなら、どんな事業であっても会計知識は必須です。個人事業主のための会計知識をわかりやすく紹介します。当サイトへのお問い合わせはこちらからどうぞ!

会計を管理する心構え

独立したての人が覚えるべき基礎

会計ソフトを選ぶポイント

会計ソフトを選ぶポイント

LINEで送る
Pocket

賢い選び方とは?

個人事業主の方で、確定申告を自分で行っている方も少なくありません。そこで、便利なのが、会計ソフトです。しかし、こうした会計ソフトには、たくさんの種類があります。会計ソフトの選び方としては、目的そして、経営者の知識さらには、費用で選ぶことが大切です。確定申告や、また事業の財務状況を確認するために会計ソフトを導入している個人事業主の方も多いはずです。会計ソフトの特徴として、貸借対照表、また損益計算書、キャッシュフロー表を自動で作成してもらえるもので、間違ったりしにくいという点が挙げられます。しかし、こうした会計ソフトは、フリーのものから、大手のベンダー企業のものまで提供されています。そこで、この3つにポイントを絞って選ぶことが必要です。

ポイントを絞って選ぶという方法

経営者の方が会計ソフトを導入するには、事業形態によっても導入の目的が変わってきます。まず、個人事業主の方の場合は、主に青色申告などの確定申告の目的のためとなります。法人で導入する場合には、決算報告書の作成のためとなります。
まずは目的を明確にしてみましょう。また、経営者の会計知識、パソコン知識で使い勝手が異なります。会計ソフトは、仕分けを自動で処理してくれるものが多いです。しかし、ある程度簿記の知識があるのかどうか、ということが大切です。勘定科目など、自分にどの程度の知識があるのか確認しておきましょう。また、インストール型、クラウド型などもありますので、どれが使いやすいか選ぶとよいでしょう。なお、会計ソフトの導入コストというのは、ピンキリです。無料のものから、数万円のパッケージとなっているソフトまで、さまざまです。導入コストが高いものの場合、その分性能が高いことも多いので、コストパフォーマンスを確認して選ぶということがおすすめの方法です。

おすすめの会計ソフトは?

個人事業主、あるいは零細企業の場合、おすすめの会計ソフトがあります。これらの会計ソフトを利用すると、確定申告の際などに大変便利となります。
・みんなの青色申告

このサイトに移動する

このサイトに移動する

ソリマチ株式会社の「みんなの青色申告」は、非常に満足度が高く、2年連続、お客様満足度No.1となっている会計ソフトです。

通常版がなんと10,000円で購入できるので、とてもリーズナブルですし、初心者ユーザーの悩みを解決してくれる工夫がされているのが特徴です。

・freee

このサイトに移動する

このサイトに移動する

クラウド会計の中でも人気の会計ソフト「freee」は、全自動会計ソフトとなっています。

2013年3月にリリースされ、さらに無料プランと有料プランから選べるというのがおすすめです。特に優れているのは、会計知識が必要ないことです。初心者にもおすすめな会計ソフトです。

topics