個人事業主のための会計知識

事業の成績は会計データにあらわれる!

個人事業主が税理士に依頼するタイミングは売上1,000万円

人気記事

個人事業主のみなさんへ個人事業主として働くなら、どんな事業であっても会計知識は必須です。個人事業主のための会計知識をわかりやすく紹介します。当サイトへのお問い合わせはこちらからどうぞ!

売上について知ろう

独立5年目から使えるノウハウ

税理士に依頼するタイミング

税理士に依頼するタイミング

LINEで送る
Pocket

税理士に依頼したほうがいい?

個人事業主の方などで、確定申告を税理士に依頼しようかどうか悩んでいるという方も少なくありません。しかし、税理士に依頼するのには、やはり費用が掛かりますし、ある程度売上げがないと、かかる金額も馬鹿になりません。このため、依頼したほうが良い基準というものがあります。税理士に依頼することによって、確定申告の際には、手間が省けますし、不安な方は依頼するのもおすすめの方法です。
しかし、個人事業主で、売上げが少ない場合は、白色申告であったり、また自分で帳簿を付けて青色申告をしたとしても、税負担はそこまで大きくないはずです。税理士に依頼したほうが良い規模ですが、それは売上1,000万円が目安となります。1,000万円を超えたのであれば、税理士に依頼しても良いといえるでしょう。

売上1,000万を超えると心配になる事とは?

なぜ、売上1,000万を超えると、税理士を依頼したほうがいいのでしょうか。まず、売上げが上がると、必要経費の支出が増えることになります。それに比例して、領収書の枚数も増えます。このため、整理をしたり、また集計などに手間がかかることになるのです。また、従業員を雇った場合、それに関連した付随業務が発生します。さらに本業自体もかなり忙しくなることが多いのです。
そのため、経理事務をする時間がないということにもなりかねないのです。さらに、売上が1000万円を超えることになり、消費税の課税事業者になることによって、税務署から目を付けられやすくなります。税務署による税務調査などの対象に選ばれることも多いのです。個人事業主の方にとって税務署の税務調査に対応するのは、なかなか負担が大きくなることも多いのです。また、個人事業主の方が、税理士なしで、一人で税務調査に挑んでも、良い結果が出ないことが多いのです。

おすすめの税理士事務所について

税理士に、報酬費用を払うのはもったいないと考える方も多いと思います。しかし、売上が1,000万を超えてしまうと、前述の心配事が増えてきますし、税務署から税務調査をされないためにも、税理士に依頼しておくのが確実であるといえるでしょう。
しかし、税理士事務所には、ほんとうにさまざまな事務所がありますので、どこに依頼すべきか悩んでしまうことも多いと思います。ここではおすすめの税理士事務所をご紹介します。
・税理士法人アクア
まずは、「税理士法人アクア」です。

このサイトに移動する

このサイトに移動する

こちらの税理士法人アクアでは、まず相談無料となり、料金表などもありますので、どのぐらいで依頼することができるのか、という予算面などをあらかじめ明確にすることができます。

・税理士法人ウィズ

このサイトに移動する

このサイトに移動する

「税理士法人ウィズ」も、ベテランの税理士が応対しますので、とても安心して依頼することができます。

topics