個人事業主のための会計知識

事業の成績は会計データにあらわれる!

個人事業主の会計、基礎知識

人気記事

個人事業主のみなさんへ個人事業主として働くなら、どんな事業であっても会計知識は必須です。個人事業主のための会計知識をわかりやすく紹介します。当サイトへのお問い合わせはこちらからどうぞ!

独立したての人が覚えるべき基礎

個人事業主として独立したら、これだけは知っておいた方が良い会計の基礎知識を紹介します。個人事業主になると、毎年確定申告をすることになります。個人事業主の確定申告は、白色申告と青色申告が選べますが、節税効果を考えると青色申告の方がメリットが大きいです。青色申告を希望する人は開業届けを出す際に一緒に手続を済ませてしまいましょう。一年分の領収書をまとめて記帳するのは相当大変ですから、日々の収支はこまめに記帳しましょう。会計ソフトを選ぶポイントも紹介しますので参考にしてくださいね。

事業と私生活を区別

事業と私生活を区別

独立して個人事業を開業したら、まず事業用の収支とプライベートの支出をきちんとわけて管理するようにしましょう。事業専用の銀行口座を開設したり、専用のクレジットカードをつくると、区別しやすくなります。経費計上できるのは「事業に必要な支出」です。プライベートの支出は経費には計上できませんので、しっかり分けて管理してください。ごちゃごちゃに混ざってしまうと自分自身が苦労しますし、事業の資金の動きも把握しづらくなってしまうなど、良いことがありません。続きはこちらから..

会計ソフトを選ぶポイント

会計ソフトを選ぶポイント

独立したてでこれから会計ソフトを用意する人向けに、会計ソフト選びのポイントを紹介します。会計ソフトには色々なものがあり、最近はクラウドタイプのサービスも人気です。クラウドならソフトをインストールしたりする手間も省けますし、インターネットさえつながればどこからでもアクセス可能です。月々の支払額も機能に応じて数百円から数千円まで、多くのバリエーションがありますので、負担にならない範囲で導入することができます。続きはこちらから..

青色申告へ変更しよう

青色申告へ変更しよう

個人事業主の確定申告は白色申告か青色申告を選択できます。青色申告を希望する場合は、あらかじめ税務署に届け出をしておかなければなりません。何も手続きをしなければ自動的に白色申告となります。白色申告よりも青色申告の方が節税効果が大きくメリットがありますので、早めに青色申告に変更する手続きをしておいた方がよいでしょう。青色申告の場合、複式簿記での帳簿付けが義務付けられますが、会計ソフトを使えばそう難しくはありません。きちんと複式簿記で記帳しておいた方が損益管理などにも役立ちます。続きはこちらから..

topics