個人事業主のための会計知識

事業の成績は会計データにあらわれる!

個人事業主の節税知識

人気記事

個人事業主のみなさんへ個人事業主として働くなら、どんな事業であっても会計知識は必須です。個人事業主のための会計知識をわかりやすく紹介します。当サイトへのお問い合わせはこちらからどうぞ!

どのように節税するか

個人事業主にとって所得税の納付は、けっこうな負担になります。もうかればもうかるほど、所得税の負担は大きくなるため、納税分の資金をよけておかなければなりません。せっかく稼いだお金もほとんどが税金でもっていかれるなんて、バカバカしいですよね。同じ売り上げでも節税対策がしっかりできるかどうかで所得税の納付額は変わります。できる対策はすべてしておきましょう。月々の利益額が50万円を超えるようなら法人化を考えた方がお得です。

青色申告へ変更しよう

青色申告へ変更しよう

個人事業主が白色申告から青色申告に切り替えると、最大で65万円の控除が受けられるようになります。会計ソフトの発達で帳簿付けのハードルが下がった現在、手間とメリットを比べるとあえて白色申告をする必要性は薄くなっています。また、それ以外にも家族を「青色事業専従者」として節税したり、赤字を前年や翌年3年間に回すこともできるようになります。もしもまだ白色申告を続けているなら、今年から青色申告に切り替えてみてはいかがでしょうか。続きはこちらから..

利益50万からは法人化

利益50万からは法人化

自分でビジネスを始めて利益が出てくると、いつ法人化するのが良いか誰しも迷うものです。結論として、月50万円以上の利益を出せているかが目安になります。個人事業主の場合、最大で55%もの税金が課せられる事もあります。法人化すると税率が一定となるため、利益が上がるほど節税になると言えます。法人化は有効な節税対策ですが、十分に利益が出ないうちはかえって赤字になりかねないので、慎重に検討することが重要なポイントです。続きはこちらから..

生活支出を経費に変えよう

生活支出を経費に変えよう

個人事業主の節税テクニックとして、まずは生活においての支出をどれだけ経費に組み込むことができるかがポイントとなります。たとえば、自分自身の判断で、事業のために購入したものなどは、経費として計上することができますので、経費にしましょう。その他にも、車両費や、電話代なども経費として計上することが可能です。しかし、福利厚生などに関しては、経費として計上されないので、少し気を付けなければいけないので気をつけましょう。続きはこちらから..

効果の高い小規模企業共済

効果の高い小規模企業共済

「小規模企業共済」とは、小規模の事業をしている個人事業主や企業の役員向けに、退職金のかわりとなる制度として国が運営しているものですが、本来の廃業後の蓄えという目的のほかに、節税効果も目的としてよく活用されています。掛金払い込み時の控除、受け取りのときの控除の双方のメリットがあり、短期に大きな節税を行うというわけにはいきませんが、長期にわたってお金を退職後のために積み立てたい、節税もできれば行いたい、という方にはうってつけの制度です。続きはこちらから..

topics