個人事業主のための会計知識

事業の成績は会計データにあらわれる!

個人事業主は青色申告で節税しよう

人気記事

個人事業主のみなさんへ個人事業主として働くなら、どんな事業であっても会計知識は必須です。個人事業主のための会計知識をわかりやすく紹介します。当サイトへのお問い合わせはこちらからどうぞ!

どのように節税するか

独立したての人が覚えるべき基礎

青色申告へ変更しよう

青色申告へ変更しよう

LINEで送る
Pocket

いくつものメリットがある

個人事業主にとって、毎年の確定申告は頭の痛い問題です。普段の仕事だけでも忙しいのに、余計な作業に煩わされることを嫌い、青色申告ではなく白色申告をしている人も多いでしょう。確かに青色申告には「難しそう」というイメージがありますし、実際に白色申告よりも手間がかかるということは否定できません。しかし、青色申告にはその手間に見合うだけの、さまざまなメリットがあるのです。

最大65万円の控除が受けられる

白色申告から青色申告に変更すると、最大10万円の控除が受けられます。これだけでも大きいのですが、複式簿記で帳簿を付け、「賃借対照表」と「損益計算書」をきっちりと記入して提出することで、これが最大65万円となります。以前は、白色申告者には帳簿を付ける義務が無かったため、その手間を考えてあえて白色申告を選ぶということもあったのですが、平成26年の1月から、白色申告者にも帳簿を付け、それを保存することが義務づけられました。白色申告で付ける帳簿は単式簿記のため、複式簿記よりも簡単ではあるのですが、現在は会計ソフトを使えば素人でも複式簿記の帳簿を作ることが可能ですから、これまでの白色申告のメリットはほぼ失われたと見るべきでしょう。

家族を専従者にして節税ができる

青色申告の場合、家族を「青色事業専従者」として、その給料を経費に加えることができます。青色事業専従者は控除対象配偶者や扶養親族にはならず、また青色事業専従者を雇ったとする日から2ヶ月以内に届け出を出さなくてはいけない、といった細かい決まりに気をつける必要はありますが、節税を考えるならこれはとても有効な手段です。15才以上で、青色事業専従者にできる家族がいるなら、これも青色申告のメリットの一つとなります。

赤字を3年間繰り越すことができる

大きな赤字が出た場合、白色申告ではどうにもなりませんが、青色申告ではそれを3年間繰り越すことができます。特に、開業した年は赤字になることが多いものです。青色申告なら、翌年以降黒字になったとしても、そこから以前の赤字を差し引くことができます。これから個人事業主になろうと思っているなら、最初から青色申告でスタートすることを考えるべきでしょう。
また、すでに個人事業主として働いている場合でも、これから青色申告に切り替えておけば、赤字が出た際にそれを前年に繰り戻すことで、「去年は税金を納めすぎていた」ということにして還付を受けることができるようになります。このためには前年も青色申告をしておく必要がありますから、節税を真剣に考えるなら、できるだけ早い時期に切り替えておいた方が良いでしょう。

topics